<< 弔いの鐘 11/1 | main | 弔いの鐘 11/ 3 >>

天幕旅団♯5 「弔いの鐘は祝祭の如く」

 

天幕旅団♯5
「弔いのは祝祭(カーニバル)の如く」

その墓標は、忘れ去られた時の迷い路、息を潜めた片隅に寂しげに立っていた。
灰色に曇った空からは、灰色に汚れた淡い雪が、僕を責め苛むかのように降り注ぐ。
苔生した墓石はひんやりと冷たく、はっきりとした終末の手触りがした。
雨風に薄れ行くその罪の刻印を、僕は何度も何度も繰り返し、愛でるように撫でる。

―1843年、エベニザー・スクルージ、ここに眠る。永遠の怒りと共に。―

これは僕が死んだ日の話。そして僕が死ぬまでの、繰り返されるクリスマスの話。

天幕旅団♯5は、クリスマス興行!本歌取りファンタジー最新作!
チャールズ・ディケンズの名作「クリスマス・キャロル」を天幕芝居に本歌取り。

それは7年前、雪の降りしきるクリスマスの夜。
ジェイコブ・マーレイが死んだ。僕の一番の親友だった。
柩の中の彼は安らかで、残された僕のことなんか、全然気にしてないみたいだった。

だけど、本当はそこで眠るのは僕だった。
手の中の2ペンス銅貨が道しるべ。僕は今夜、長い長い旅に出る。

時間は飛んだり戻ったり、時には止まってしまったり。
三人の精霊に手を引かれ、時間旅行にいざ行かん。
死に場所を求めてスクルージ、タイムループを繰り返す。

90年分のクリスマスを90分で紡ぐ、実験的超高速演劇。
ちょっぴり切なく懐かしく。ちょっぴり不思議で残酷に。
終わらない夢の物語。クリスマスに贈るダークファンタジー。


<出演>
菊川仁史 / 加藤晃子 佐々木豊 渡辺実希 渡辺望(以上、天幕旅団)

<会場>
劇場MOMO
(JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野駅徒歩5分)

<日程>
2012年12月20(木)〜24日(祝)
12月20日(木) 19:30
12月21日(金) 19:30
12月22日(土) 15:00/19:30
12月23日(日) 15:00/19:30
12月24日(祝) 12:00/16:00

<料金>
前  売   3300円
当  日   3500円
高校生以下  2000円(要学生証)

チケット絶賛発売中!ご予約はこちらから!
PC→
https://ticket.corich.jp/apply/40202/
携帯→http://ticket.corich.jp/apply/40202/


スポンサーサイト


  • 2017.08.06 Sunday
  • -
  • 11:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
PR
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
天幕旅団ロゴ
profilephoto
夢去りて、僕らはハーメルンの白夜に踊る
僕の中にある静けさに降る、騒がしくて眩しくて赤くて紅い雪
夜よ、水際に揺らぐノートルダムの夜よ
Heavens 〜夜と夜と音楽
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座